本ウェブサイトは、医療関係者の方を対象に「オプジーボ(一般名:ニボルマブ)」に関する情報を提供することを目的としています。

製品に関する重要なお知らせ

「非小細胞肺癌」の検索結果一覧

検索条件変更

51 件中 1~10件 を表示

オプジーボ 非小細胞肺癌 間質性肺疾患 累積報告例数(集計期間:2015/12/17~2019/06/30)

オプジーボ 非小細胞肺癌 間質性肺疾患 累積報告例数(集計期間:2015/12/17~2019/06/30) オプジーボ点滴静注【非小細胞肺癌(単剤)】 承認事項一部変更承認(2015/12/17)~2019/06/30 「切除不能な進行・再発の非小細胞肺癌」の効能・効果でオプジーボを投与されたILD

オプジーボ製品情報サイト

https://www.opdivo.jp/drug_info_files/drug_info/opdivo/tekisei/20000139/ip_report_nsclc.pdf

更新日:
サイズ:
42KB

オプジーボ 非小細胞肺癌 間質性肺疾患 発現時期グラフ(集計期間:2015/12/17~2019/06/30)

オプジーボ 非小細胞肺癌 間質性肺疾患 発現時期グラフ(集計期間:2015/12/17~2019/06/30) オプジーボ点滴静注【非小細胞肺癌(単剤)】 承認事項一部変更承認(2015/12/17)~2019/06/30 投与開始から間質性肺疾患発現までの時期:非小細胞肺癌(単剤) ※本集計後に追

オプジーボ製品情報サイト

https://www.opdivo.jp/drug_info_files/drug_info/opdivo/tekisei/20000140/ip_graph_nsclc.pdf

更新日:
サイズ:
125KB

オプジーボ 非小細胞肺癌 主な副作用発現時期グラフ(集計期間:2015/12/17~2019/06/30)

オプジーボ 非小細胞肺癌 主な副作用発現時期グラフ(集計期間:2015/12/17~2019/06/30) 集計期間:承認事項一部変更承認(2015/12/17)~2019/06/30 集計方法:5903例の副作用報告をもとに集計同一症例同一PT同一時期は1件として集計オプジーボ点滴静注投

オプジーボ製品情報サイト

https://www.opdivo.jp/drug_info_files/drug_info/opdivo/tekisei/20000141/se_graph_nsclc.pdf

更新日:
サイズ:
110KB

オプジーボ 非小細胞肺癌 副作用発現状況(集計期間:2015/12/17~2019/06/30)

オプジーボ 非小細胞肺癌 副作用発現状況(集計期間:2015/12/17~2019/06/30) 承認事項一部変更承認(2015/12/17)~2019/06/30 オプジーボ点滴静注副作用件数一覧対象【非小細胞肺癌(単剤)】 承認事項一部変更承認(2015/12/17)~2019/06/30までに「非小細胞肺癌(単剤)」で収集

オプジーボ製品情報サイト

https://www.opdivo.jp/drug_info_files/drug_info/opdivo/tekisei/20000138/side_effect_nsclc.pdf

更新日:
サイズ:
195KB

オプジーボ 副作用発現状況(集計期間:2014/07/04~2019/06/30)

【単剤】 全体副作用発現数 1725例4179件5903例10220件1212例2135件171例395件869例1442件1253例1986件56例81件11440例20844件悪性黒色腫非小細胞肺癌 6001例8634件悪性黒色腫非小細胞肺癌腎細胞癌ホジキンリンパ腫頭頸部癌胃癌悪性胸膜中皮腫 【単剤】 全体 806例

オプジーボ製品情報サイト

https://www.opdivo.jp/drug_info_files/drug_info/opdivo/tekisei/20000135/side_effect.pdf

更新日:
サイズ:
262KB

オプジーボ 添付文書

静注する。 その後、ニボルマブ(遺伝子組換え)として、1回240mgを2週間間隔で点滴静注する。 3.切除不能な進行・再発の非小細胞肺癌、再発又は難治性の古典的ホジキンリンパ腫、再発又は遠隔転移を有する頭頸部癌、がん化学療法後に増悪し

オプジーボ製品情報サイト

https://www.opdivo.jp/drug_info_files/drug_info/opdivo/pi/10010017/OPD_PI.pdf

更新日:
サイズ:
1219KB

OPD_IF

、同様に有効性、安全性及び忍容性が確認され、2018年5月に用法・用量追加の承認を取得した。 (2)切除不能な進行・再発の非小細胞肺癌非小細胞肺癌患者を対象とした臨床試験について、海外ではBMS社がドセタキセルを対照とした海外第Ⅲ

オプジーボ製品情報サイト

https://www.opdivo.jp/drug_info_files/drug_info/opdivo/if/21000220/OPD_IF.pdf

更新日:
サイズ:
4878KB

オプジーボ インタビューフォーム

、同様に有効性、安全性及び忍容性が確認され、2018年5月に用法・用量追加の承認を取得した。 (2)切除不能な進行・再発の非小細胞肺癌非小細胞肺癌患者を対象とした臨床試験について、海外ではBMS社がドセタキセルを対照とした海外第Ⅲ

オプジーボ製品情報サイト

https://www.opdivo.jp/materials/open/4/interview.pdf

更新日:
サイズ:
4881KB

オプジーボ 添付文書

静注する。 その後、ニボルマブ(遺伝子組換え)として、1回240mgを2週間間隔で点滴静注する。 3.切除不能な進行・再発の非小細胞肺癌、再発又は難治性の古典的ホジキンリンパ腫、再発又は遠隔転移を有する頭頸部癌、がん化学療法後に増悪し

オプジーボ製品情報サイト

https://www.opdivo.jp/materials/open/3/tenpu.pdf

更新日:
サイズ:
1219KB

オプジーボ_使用上の注意改訂のお知らせ_2019年7月

おりますのでご参照下さい。 4 ―穿孔、イレウスの症例紹介― 症例紹介副作用男性 60歳代 (PS:0) 使用理由:再発非小細胞肺癌腸閉塞、小腸穿孔合併症:リンパ節転移(N3)、肺内転移、脳転移、 肺動脈血栓症、深部静脈血栓症、憩室 1日投与量、投与回数 3mg/kg、

オプジーボ製品情報サイト

https://www.opdivo.jp/drug_info_files/drug_info/opdivo/tekisei/21000231/OPD_oshirase_201907.pdf

更新日:
サイズ:
333KB