本ウェブサイトは、医療関係者の方を対象に「オプジーボ(一般名:ニボルマブ)」に関する情報を提供することを目的としています。

製品に関する重要なお知らせ

「内分泌内科」の検索結果一覧

検索条件変更

3 件中 1~3件 を表示

OPD_oshirase_201905

しており、本剤を中止した。 以前より継続投与していたデキサメタゾンをしばらく服用していなかった影響を含め、内分泌内科にコンサルトした。 下垂体炎の疑いがあったため、処置としてヒドロコルチゾン (15mg)を開始した。 下垂体炎、血清

オプジーボ製品情報サイト

https://www.opdivo.jp/drug_info_files/drug_info/opdivo/tekisei/21000219/OPD_oshirase_201905.pdf

更新日:
サイズ:
597KB

OPD_oshirase_201905

しており、本剤を中止した。 以前より継続投与していたデキサメタゾンをしばらく服用していなかった影響を含め、内分泌内科にコンサルトした。 下垂体炎の疑いがあったため、処置としてヒドロコルチゾン (15mg)を開始した。 下垂体炎、血清

オプジーボ製品情報サイト

https://www.opdivo.jp/drug_info_files/drug_info/opdivo/info/21000218/OPD_oshirase_201905.pdf

更新日:
サイズ:
597KB

オプジーボ点滴静注 適正使用に関する留意事項 ~間質性肺疾患の副作用について~

から数ヵ月経過してから発現することもあるため、治療期間中以外でも十分に注意する・膠原病内科、消化器内科、代謝・内分泌内科、神経内科などの専門医との協力体制を準備する 4.病勢進行後の治療継続について国内第II相臨床試験

オプジーボ製品情報サイト

https://www.opdivo.jp/drug_info_files/drug_info/opdivo/tekisei/20000116/tekisei_pneumonia.pdf

更新日:
サイズ:
319KB