本ウェブサイトは、医療関係者の方を対象に「オプジーボ(一般名:ニボルマブ)」に関する情報を提供することを目的としています。

製品に関する重要なお知らせ

がん免疫療法とPD-L1検査 [PD-1/PD-L1阻害剤のバイオマーカーとしてのPD-L1の役割と限界] 進行肺癌におけるPD-L1と免疫チェックポイント阻害剤の現状と将来展望-病理医の役割とは-

がん免疫を理解するうえで重要なのは、免疫系が「自己」と「非自己」を見分けるシステムであることを理解することである。免疫系とは、ヒトに本来備わっている防御機構であり、体内に発生したがん細胞を非自己と認識し、細胞障害性T細胞などの免疫担当細胞によって攻撃することでがんの進展を抑制している。一方、がん細胞は、段階的に免疫系から逃避するプロセス「がん免疫編集機構(Cancer Immunoediting)」を経て、臨床的にがんと診断される。

[PD-1/PD-L1阻害剤のバイオマーカーとしてのPD-L1の役割と限界] 進行肺癌におけるPD-L1と免疫チェックポイント阻害剤の現状と将来展望-病理医の役割とは-

キーワード:PD-L1バイオマーカーがん免疫T細胞がん免疫編集機構

これより先は会員限定になっております。ログインしてご覧ください。

これより先のコンテンツは、弊社の医療用医薬品を適正にご使用いただくために国内の保険診療を行う医療機関にお勤めの方(医師、薬剤師、看護師、臨床検査技師等)に提供することを目的として作成しております(歯科単科施設および一部の職種等によりご覧いただけない場合もございます)。医療関係者以外の方への情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。


会員登録いただきますとONO ONCOLOGYの情報はもちろん、文献情報やニュース等、関連サイトの様々な情報をご覧いただけます。

会員登録