本ウェブサイトは、医療関係者の方を対象に「オプジーボ(一般名:ニボルマブ)」に関する情報を提供することを目的としています。

製品に関する重要なお知らせ

がん免疫療法とPD-L1検査 非小細胞肺がんにおける免疫チェックポイント阻害薬のバイオマーカー:PD-L1 and beyond PD-L1 | 診療サポート | オプジーボ.jp

現在日本では2つのPD-1阻害薬が使用可能であるが、それぞれのPD-L1検査は使用する抗体が異なり、PD-L1検査間の結果を読み替えるharmonizationの検討が行われている。また、PD-1阻害薬の効果をより確実に予測するためにPD-L1以外の信頼性の高いバイオマーカーの開発が進められている。 そこで、本座談会では、harmonization研究に携わるTsao先生に、PD-L1検査の現状と課題、新たなバイオマーカー候補について解説いただいた。また、後藤先生には日本の肺がん患者の遺伝子スクリーニングを行うLC-SCRUM-Japanの取り組みを紹介いただき、肺がんの最新治療とPD-L1検査に精通した先生方を交えて、現在のバイオマーカーが抱える課題と今後の展望について議論いただいた。

非小細胞肺がんにおける免疫チェックポイント阻害薬のバイオマーカー:PD-L1 and beyond PD-L1 | 診療サポート | オプジーボ.jp

これより先は会員限定になっております。ログインしてご覧ください。

これより先のコンテンツは、弊社の医療用医薬品を適正にご使用いただくために国内の保険診療を行う医療機関にお勤めの方(医師、薬剤師、看護師、臨床検査技師等)に提供することを目的として作成しております(歯科単科施設および一部の職種等によりご覧いただけない場合もございます)。医療関係者以外の方への情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。


会員登録いただきますとONO ONCOLOGYの情報はもちろん、文献情報やニュース等、関連サイトの様々な情報をご覧いただけます。

会員登録