本ウェブサイトは、医療関係者の方を対象に「オプジーボ(一般名:ニボルマブ)」に関する情報を提供することを目的としています。

製品に関する重要なお知らせ

がん免疫療法クリニカルパス・活用資材(悪性黒色腫) 新潟県立がんセンター新潟病院の活用資材

更新日:

新潟県立がんセンター新潟病院でのオプジーボによる治療は、1コース目を入院、2コース以降を外来化学療法室で施行しており、2コース目からはチェックシートを活用して、外来化学療法室と皮膚科および関連部署が患者情報を共有し治療にあたる。また治療開始時には、薬剤部作成によるカレンダー形式の指導用シートで、病棟薬剤師がオプジーボによる治療と副作用について患者に説明・指導を行っている。

新潟県立がんセンター新潟病院 外観

活用資材 作成者

皮膚科 竹之内 辰也 医師

皮膚科

竹之内 辰也 医師

薬剤部 吉野 真樹 薬剤師

薬剤部

吉野 真樹 薬剤師

外来化学療法室 がん化学療法看護認定看護師 磯貝 佐知子 看護師

外来化学療法室
がん化学療法看護認定看護師

磯貝 佐知子 看護師

インタビュー:活用資材 作成のポイント

新潟県立がんセンター新潟病院の皆さん

オプジーボによる治療でチェックシートをどのように使用されているのか、お聞かせください。

竹之内医師
チェックシートは2コース以降の外来化学療法での治療で、各部署のスタッフが情報を共有するために活用しています。治療を受けに来られた患者さんはまず、外来化学療法室でバイタルサインチェックを受け、放射線科でレントゲン撮影の後、皮膚科外来の受診となります。
磯貝看護師
患者さんが外来化学療法室に来られたら、まず看護師がバイタルサインのチェックと採血を行い、チェックシートにしたがって問診を行います。このチェックシートは患者さんがレントゲン撮影、医師診察と各部署を移動される際に持参していただき、それぞれの担当者が確認するようにしています。
竹之内医師
化学療法室で看護師が問診し、チェックシートに記載した情報をもとに、当日の治療の可否を判断します。治療が可能であれば患者さんには外来化学療法室に戻っていただいて、オプジーボの投与を開始します。

チェックシートを使用するメリットをお聞かせください。

竹之内医師
電子カルテでも同様の情報共有を行っていますが、チェックシートにより、患者さんにもペーパーで情報が可視化されます。各部署のスタッフにその情報が共有されていることが患者さんにも伝わることで、安心につながるのではないでしょうか。
磯貝看護師
当院は県立病院なので転勤も多く、がん看護の経験が少ない看護師もいます。そのような看護師でもチェックシートの活用により、一定レベルを保った問診ができます。また、チェックシートで問診を行うことで、注意すべき副作用が患者さんにも正確に伝わり、症状に対する意識も高まるようです。

患者さんへの説明用ツールなどは使用されていますか?

竹之内 辰也 医師
竹之内医師
副作用に関して最低限押さえて欲しい事項を説明するために、リーフレットを使用しています。とくに間質性肺炎と下痢は重症化しやすい副作用ですので、注意喚起が大切です。オプジーボの"免疫療法"という言葉のイメージから、身体に優しい治療だととらえて副作用についてあまり意識しない患者さんも多いようですが、死に至るような副作用の発現も起こりうる治療であることを、しっかりと意識していただきたいと思います。
一方で、副作用が発現すると、治療が中止になるのではと我慢してしまう方も少なくありません。思い当たる症状が出たら正直に話してくださいと説明しています。
吉野薬剤師
薬剤部では、オプジーボによる治療と副作用について説明するために指導用シートを活用しました。治療開始時には病棟薬剤師がそのシートで指導を行います。このシートはコースごとにカレンダー形式になっており、在宅療養時の副作用症状の有無については患者さん自身が記入して、次回の診療時に持参いただくようにしています。

薬剤師が治療開始時に指導する段階で、患者情報は共有されていますか?

磯貝看護師
患者さんに注意して聞いて欲しい事項、それぞれの患者さんが抱えている問題や心配事などについて、あらかじめ伝えるようにしています。
吉野薬剤師
最も患者さんに接する機会が多く、コミュニケーション能力に長けているのは看護師で、その情報は非常に重要です。患者さんのことをよく知らずに対応すると、一方的な説明になってしまいがちで、患者さんひとりひとりの問題を吸い上げることができません。薬剤師が、医師や看護師の収集した患者情報を共有してもらうことがプラスになるのと同じように、患者指導で薬剤師が吸い上げた情報をさらに治療に還元できるよう、医師や看護師と共有するようにしています。
竹之内医師
オプジーボに限らず、がん治療は医師だけではなく、看護師、薬剤師、検査技師、放射線技師、MSWなど様々な職種の方がそれぞれの専門において十分に力を発揮し、責任を持って患者さんの治療に携わっています。その連携の中で、医療を提供するために情報を共有しあうことはとても大切です。今後は、診療所を含めた地域においても、医師同士だけではなく、チーム全体で医療連携を構築していきたいと考えています。
新潟県立がんセンター新潟病院の皆さん

新潟県立がんセンター新潟病院の活用資材

ご希望の資料をチェックしてダウンロードボタンを押してください。

  • オプジーボ副作用チェックシート

    参考パス:テンプレート

  • 患者さんへの注意喚起シート

上記内容でよろしければ、「選択した資材をダウンロード」を押してください。

選択した資材をダウンロード

ご希望の資材をチェックしてください。

ご希望の資材をチェックした後、「選択した資材をダウンロード」を押してください。

選択した資材をダウンロード