本ウェブサイトは、医療関係者の方を対象に「オプジーボ(一般名:ニボルマブ)」に関する情報を提供することを目的としています。

製品に関する重要なお知らせ

がん免疫療法クリニカルパス・活用資材(非小細胞肺癌) 新潟県立がんセンター新潟病院の活用資材 (非小細胞肺がん編)

更新日:

悪性黒色腫患者さんへのオプジーボ治療で、irAE対策にいち早く取り組んでいた新潟県立がんセンター新潟病院。非小細胞肺がんへの適応拡大に伴い、皮膚科で作成したチェックシートを内科(呼吸器内科)用に改変し、内科(呼吸器内科)・皮膚科・薬剤師・看護師が密に連携しながら患者さんの治療にあたっている。また、患者さんのインフォームドコンセントを得るために「オプジーボの投与を検討されている患者さんへ」を新たに作成し、医師が免疫のしくみやオプジーボによる治療と副作用について丁寧に指導している。

新潟県立がんセンター新潟病院 外観

活用資材 作成者

内科(呼吸器内科) 三浦 理 医師

内科(呼吸器内科)

三浦 理 医師

薬剤部 日本医療薬学会がん専門薬剤師 吉野 真樹 薬剤師

薬剤部
日本医療薬学会がん専門薬剤師

吉野 真樹 薬剤師

外来化学療法室 がん化学療法看護認定看護師 磯貝 佐知子 看護師

外来化学療法室
がん化学療法看護認定看護師

磯貝 佐知子 看護師

インタビュー:活用資材 作成のポイント

皮膚科でのオプジーボ治療に活用されているツールからの変更点を教えてください。

三浦 理 医師
三浦医師
皮膚科で作成・運用していた「オプジーボ副作用チェックシート」「患者さんへの注意喚起シート」を非小細胞肺がん患者さん向けに改変し、さらに新しい情報を盛り込んで使っています。普段から医師・薬剤師・看護師の連携が密に行われているので、前向きに検討しやすい環境で改変を進めることができました。
磯貝看護師
オプジーボ治療の流れは皮膚科の場合と同様で、まず外来化学療法室で看護師がバイタルサインのチェックと採血を実施し、「オプジーボ副作用チェックシート」に従って問診します。そのあと、患者さんはこのシートを持って主治医の診察を受け、再び外来化学療法室に戻ってオプジーボの投与を受けます。悪性黒色腫のような希少疾患とは違い、治療を受ける患者さんが多いので、チェックシートの項目を絞り込み、日々の業務負担にも配慮しました。
三浦医師
「患者さんへの注意喚起シート」は、副作用を思わせる症状が出た時に、次の診察時に報告するだけで良いのか、それとも速やかに受診すべきなのかを患者さん自身で判断していただくためのツールです。皮膚科で作成されたあと、新たに報告された副作用である重症筋無力症についての情報を追加しました。さらに最近、劇症1型糖尿病についての報告がありましたので、これについて記載することを検討中です。

非小細胞肺がんへの適応追加を機に新たに作成された「問診票」についてお聞かせ下さい。

磯貝看護師
看護師が記入するチェックシートとは別に、患者さん本人に記入していただくためのツールとして作成しました。一項目ずつ自分でチェックすることで体調についてしっかりと振り返ることができ、さらに来院ごとに毎回これを繰り返すことにより、オプジーボで生じる可能性のある副作用について患者さんの認識が高まることを期待しています。いざ実際に症状が現れた時に、「あの問診票に書いてある症状だ」と気づくことができれば、早期発見・早期対応が可能になります。
吉野薬剤師
初回投与前に患者さんに対して薬剤師としての説明と注意事項をお伝えしますが、2回目以降の来院ではゆっくり話す機会は少なくなります。しかし、看護師が記入するチェックシート、患者さんが記入する問診票、さらに検査結果を来院の度に確認できますので、これらの情報から総合的に判断して異変を見つければ、迅速にスタッフ間で情報共有し、主治医に報告することができます。
吉野 真樹 薬剤師、磯貝 佐知子 看護師

治療開始前の患者さんへの説明用ツールとして何を使っておられますか。

三浦医師
製薬会社などが発行している既存の説明用リーフレットを参考にしながら当院独自の患者さん用説明資料「オプジーボの投与を検討されている患者さんへ」を作成しました。オプジーボなどの免疫チェックポイント阻害薬を「夢の新薬」と表現する報道もありましたし、「免疫療法」という言葉の意味を誤解している場合も少なくありませんでした。そこで、当院独自の説明資料では、免疫のしくみについての説明、オプジーボの作用機序、そしてすべての患者さんに効果が現れるわけではないこと、従来の化学療法とは異なる副作用が現れる可能性があることなどを、かなり詳しく記述しています。
医師はこの説明資料を用いて患者さんに丁寧に説明しますが、そのあとご自宅に持ち帰ってじっくりと考えていただくために、専門知識のない患者さんでも最初から最後まで読み通せるわかりやすい表現を心がけました。
磯貝看護師
初回投与前には、看護師が「オプジーボ投与チェックシート」を使って、患者さんが説明資料の内容をどのくらい理解しているかを確かめるのですが、幸いなことに多くの患者さんがたいへんよく理解しておられます。さらに、看護師が確認したあと、薬剤師からの指導でも理解度を確認していますので、初回投与の時点で理解が足りないことはほぼないと思います。治療が開始されたあとも先ほど述べた問診票、注意喚起シートで副作用について繰り返し確認していきます。

免疫チェックポイント阻害薬の課題、将来展望と今後の院内連携の課題についてどうお考えですか。

三浦医師
免疫チェックポイント阻害薬は、その作用機序を考えれば今後、様々ながんに適応が拡大されていくでしょう。一方で、効果や副作用について不明な部分がまだまだ多くあると考えられます。そこで、診療科の垣根を越えて対応するチームが必要だと考え、「iSINC」というチームを組織しました。情報共有はもちろんのこと、幅広い意見を取り入れながら各種ツールを充実させていきたいと考えています。
iSINCに限らず、当院における化学療法のチームでは吉野薬剤師、磯貝看護師を筆頭に、化学療法に通じている医療スタッフが活躍しています。免疫チェックポイント阻害薬の副作用マネジメントでは、各診療科の医師よりもむしろ、様々な診療科と連携しながら数多くの患者さんと接している薬剤師・看護師に重要な情報や知見が集約されていくことになります。
そんな医療スタッフの知恵や工夫が生かされるツールを作り、育てていくことがとても大切だと考えています。
新潟県立がんセンター新潟病院の皆さん

新潟県立がんセンター新潟病院の活用資材

ご希望の資料をチェックしてダウンロードボタンを押してください。

  • 患者説明同意文書(オプジーボの投与を検討されている患者さんへ)

    IC時に患者さんへの意思決定支援を促せるよう、分かりやすい説明で作成しています。

  • オプジーボ投与チェックシート 簡易版
  • 問診票(オプジーボ治療中の方へ)
  • 注意喚起シート

上記内容でよろしければ、「選択した資材をダウンロード」を押してください。

選択した資材をダウンロード

ご希望の資材をチェックしてください。

ご希望の資材をチェックした後、「選択した資材をダウンロード」を押してください。

選択した資材をダウンロード