本ウェブサイトは、医療関係者の方を対象に「オプジーボ(一般名:ニボルマブ)」に関する情報を提供することを目的としています。

製品に関する重要なお知らせ

事例から考える オプジーボの副作用マネジメント 第1回 従来のがん治療法との違い

がん免疫療法は、化学療法や放射線療法などとは異なり、直接がん細胞を攻撃するのではなく、患者さん自身の免疫反応を活性化してがん細胞を攻撃する治療法です。
オプジーボによって活性化した免疫反応によって、自己免疫応答が誘発された場合、免疫介在性の有害事象、つまり免疫関連副作用(irAE)を引き起こす可能性があります――

オプジーボが登場したことで、肺がん治療を受ける多くの患者さんにがん免疫療法をご活用いただけるようになりました。従来のがん治療との違いと、オプ…

第1回 従来のがん治療法との違い

キーワード:irAEがん免疫療法

これより先は会員限定になっております。ログインしてご覧ください。

これより先のコンテンツは、弊社の医療用医薬品を適正にご使用いただくために国内の保険診療を行う医療機関にお勤めの方(医師、薬剤師、看護師、臨床検査技師等)に提供することを目的として作成しております(歯科単科施設および一部の職種等によりご覧いただけない場合もございます)。医療関係者以外の方への情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。


会員登録いただきますとONO ONCOLOGYの情報はもちろん、文献情報やニュース等、関連サイトの様々な情報をご覧いただけます。

会員登録