本ウェブサイトは、医療関係者の方を対象に「オプジーボ(一般名:ニボルマブ)」に関する情報を提供することを目的としています。

製品に関する重要なお知らせ

がん免疫 がん免疫講座

国立がん研究センター 先端医療開発センター 免疫TR分野 分野長の西川 博嘉先生から2回にわたって、がん免疫についてわかりやすく講義いただきます。

  • 第2回 がん免疫におけるPD-1/PD-L1の役割と特徴

    活性化されたT細胞は、がん細胞を異物として認識し、攻撃・排除しようとします。この活性化には、T細胞受容体(TCR)でがん抗原を認識することに加えて、もうひとつの補助シグナルが必要です。その補助シグナルを担うのが共刺激分子、あるいは共抑制分子…続きをみる

  • 第1回 がん免疫の概念や基本的な考え方

    自己の体内に生じたがん細胞に対しても、ウイルスなどを排除するのと同様に、自然免疫、獲得免疫からなる免疫応答が働きます。中でも中心となるのが、獲得免疫系のT細胞です―― がん免疫療法の臨床応用において参考となる、がん免疫に関する情報を、国立…続きをみる