オプジーボ

MENU
  • HOME
  • がん免疫療法の現場から

がんチーム
医療レポート
がん免疫療法の現場から

全国各地のがん診療施設における院内連携の取り組みや、オプジーボを含む免疫チェックポイント阻害薬の適正使用推進のための工夫をご紹介します。

最新記事

市立岸和田市民病院「地域連携」をキーワードにした、適正使用への取り組み

市立岸和田市民病院

大阪府岸和田市にある市立岸和田市民病院は、8市4町からなる泉州2次医療圏のがん診療に注力し、がん医療の均てん化に努めている地域唯一のがん診療連携拠点病院です。
免疫チェックポイント阻害薬・オプジーボ(一般名:ニボルマブ、抗PD-1抗体)に関しては、免疫関連副作用(irAE:immune-related Adverse Event)と関連が深い内分泌専門医との連携作りをはじめ、地域連携の構築にも動き始めました。
今回は、免疫チェックポイント阻害薬の適正使用に向けた院内外での新たな取り組みや今後の展開について取材しました。

  • 腫瘍内科医(呼吸器内科)、
  • 代謝・内分泌内科医、
  • 薬剤師
  • 地域連携、
  • 内分泌専門医との連携、
  • 薬剤師外来、
  • 患者教育
続きを読む
がんチーム医療レポート がん免疫療法の現場から
オプジーボ処方における、がん免疫療法クリニカルパス等をダウンロードいただけます

がん免疫療法クリニカルパス・活用資材