本ウェブサイトは、医療関係者の方を対象に「オプジーボ(一般名:ニボルマブ)」に関する情報を提供することを目的としています。

製品に関する重要なお知らせ

オプジーボの理解が深まる CheckMate025試験 第3回 セカンドラインにおけるオプジーボのポジショニング

CheckMate-025試験では、オプジーボ群の全生存期間中央値はエベロリムス群と比べて5ヵ月以上延長しました。また、肝転移、骨転移、多臓器転移の有無に関わらず、オプジーボの有用性が示されています。
そのため、患者さんの年齢、リスク分類、転移部位、前治療の副作用発現状況等を考慮して、治療薬を選択することが重要だと考えます――

「根治切除不能または転移性の腎細胞癌」の効能・効果が追加承認された免疫チェックポイント阻害薬「オプジーボ」。「セカンドラインに…

第3回 セカンドラインにおけるオプジーボのポジショニング

キーワード:腎細胞癌CheckMate-025

これより先は会員限定になっております。ログインしてご覧ください。

これより先のコンテンツは、弊社の医療用医薬品を適正にご使用いただくために国内の保険診療を行う医療機関にお勤めの方(医師、薬剤師、看護師、臨床検査技師等)に提供することを目的として作成しております(歯科単科施設および一部の職種等によりご覧いただけない場合もございます)。医療関係者以外の方への情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。


会員登録いただきますとONO ONCOLOGYの情報はもちろん、文献情報やニュース等、関連サイトの様々な情報をご覧いただけます。

会員登録