本ウェブサイトは、医療関係者の方を対象に「オプジーボ(一般名:ニボルマブ)」に関する情報を提供することを目的としています。

製品に関する重要なお知らせ

腎細胞癌 オプジーボの理解が深まる CheckMate025試験

「根治切除不能または転移性の腎細胞癌」の効能・効果が追加承認された免疫チェックポイント阻害薬オプジーボの理解が深まる CheckMate025試験を解説します。

  • 第4回 インフォームドコンセントとチーム医療

    オプジーボはサイトカイン療法とも、従来の分子標的薬とも概念の異なる治療薬です。オプジーボを導入するにあたり、医師はこの薬剤の特徴を患者さんに十分に説明する必要があります。免疫関連の副作用発現などのリスクと、OS延長の可能性などのベネフィット…続きをみる

  • 第2回 Durable ResponseとOS

    免疫チェックポイント阻害薬であるオプジーボには、従来の分子標的薬とは異なる点があります。特に完全奏効が得られていなくてもDurable Responseが得られる症例が存在すること、長期生存が期待できることがオプジーボのメリットです―― …続きをみる