本ウェブサイトは、医療関係者の方を対象に「オプジーボ(一般名:ニボルマブ)」に関する情報を提供することを目的としています。

製品に関する重要なお知らせ

腎細胞癌 腎細胞癌治療を変えるオプジーボ

今後、泌尿器科領域での使用が拡大していくと考えられている免疫チェックポイント阻害薬「オプジーボ」を、近畿大学医学部泌尿器科学教室 主任教授の植村 天受先生にご解説いただきます。

  • 第2回 腎細胞癌とがん免疫療法

    免疫チェックポイント阻害薬オプジーボは、腎細胞癌患者さんの生存期間(OS)の延長に寄与するエビデンスが示されており、今後、腎細胞癌治療の二次治療の有用な選択肢のひとつになっていくと考えられます―― 近畿大学医学部泌尿器科学教室 主任教授の…続きをみる

  • 第1回 泌尿器癌におけるがん免疫療法

    泌尿器癌では、以前からさまざまな免疫療法が行われており、サイトカイン療法のような非特異的免疫療法や、ワクチン療法のような特異的免疫療法があげられます。 新たに腎細胞癌に使用できるようになった、免疫チェックポイント阻害薬オプジーボは、従来の免…続きをみる