本ウェブサイトは、医療関係者の方を対象に「オプジーボ(一般名:ニボルマブ)」に関する情報を提供することを目的としています。

製品に関する重要なお知らせ

オプジーボによる進行非小細胞肺がん治療の実践 第3回 チームで取り組む免疫チェックポイント阻害薬適正使用

九州大学病院の「免疫チェックポイント阻害薬適正使用委員会(チームICI)」は、中西洋一教授を中心に医師18名、看護師5名、薬剤師13名で構成されています。参加している診療科は、呼吸器科、皮膚科をはじめ、irAEの管理に必要な内分泌、糖尿病、消化器、神経領域など、多岐にわたっています――

肺がんの領域でも臨床応用が始まった免疫チェックポイント阻害薬「オプジーボ」。その適正使用のために、九州大学では中西洋一教授を中心に免疫チェックポイント阻害薬適正使用委員…

第3回 チームで取り組む免疫チェックポイント阻害薬適正使用

キーワード:非小細胞肺癌診療

これより先は会員限定になっております。ログインしてご覧ください。

これより先のコンテンツは、弊社の医療用医薬品を適正にご使用いただくために国内の保険診療を行う医療機関にお勤めの方(医師、薬剤師、看護師、臨床検査技師等)に提供することを目的として作成しております(歯科単科施設および一部の職種等によりご覧いただけない場合もございます)。医療関係者以外の方への情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。


会員登録いただきますとONO ONCOLOGYの情報はもちろん、文献情報やニュース等、関連サイトの様々な情報をご覧いただけます。

会員登録